生活の基盤となる家を確保するための不動産業者利用

賃貸

  

生活上の注意

リビング

賃貸マンションは、様々な人達が集まって暮らしている集合住宅です。そのため、隣りの人や下の階の人などに迷惑をかけないように生活をするのが賃貸生活の基本的なルールです。夜中に騒音になるような大きさのボリュームで音楽を聞いたり、友達を読んで大騒ぎしたりすると、近所迷惑になります。いくら注意しても改善されない場合は、退去命令が出されることもあります。 また、部屋の内装や設備、窓ガラスなどに傷や汚れをつけないように生活することも大切です。フローリングに傷がついた場合、それが原因でフローリングを貼り変えなければならなくなり、退去するときに10万円以上の修理費が請求されることもあります。ルールをしっかり守ることで、快適な賃貸暮らしができます。

賃貸トラブルで多いのが近隣からの騒音です。もしも隣の部屋からのひどい騒音で悩まされたりしたら、直接クレームを入れるよりも、管理会社に連絡をすることです。直接クレームを入れと、もっとひどいトラブルに発展することもあります。管理会社に連絡をすれば、管理会社の人が隣人に注意してくれます。 また、敷金トラブルもよくあります。敷金トラブルとは身に覚えのない修理費を請求されることです。そうならないために、入居した日に傷などを見つけたら写真を撮って管理会社に送っておくことです。また、フローリングには絨毯をしくこと、カーペットや畳にへこみが着かないように出来るだけ家具は置かないようにすること、そして毎日こまめに掃除をすることも大切です。